後藤 朝太郎(読み)ゴトウ アサタロウ

20世紀日本人名事典「後藤 朝太郎」の解説

後藤 朝太郎
ゴトウ アサタロウ

明治〜昭和期の中国言語学者



生年
明治14(1881)年4月16日

没年
昭和20(1945)年8月9日

出生地
愛媛県

学歴〔年〕
東京帝大言語学科〔明治39年〕

経歴
大学院に進み、段玉裁の説文学をドイツ少壮文法学派や比較・歴史言語学と結びつけ支那語の音韻組織を研究。また、110冊におよぶ中国の紹介書を出版。中国人民に同情し、軍部への反発を貫いた。昭和20年終戦直前、右翼に暗殺された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android