後藤七郎(読み)ごとう しちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤七郎 ごとう-しちろう

1881-1962 大正-昭和時代の外科学者。
明治14年9月7日生まれ。陸軍軍医学校教官となり,大正8年母校九州帝大の教授を兼任。のち同大医学部長,付属病院長。日本外科学会会長などを歴任した。昭和17年陸軍軍医少将。大正8年日本最初の輸血膿胸(のうきょう)患者におこない成功した。胃・十二指腸潰瘍(かいよう)の研究で知られる。昭和37年12月7日死去。81歳。福岡県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android