コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膿胸 のうきょう pyothorax

7件 の用語解説(膿胸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膿胸
のうきょう
pyothorax

化膿性胸膜炎ともいう。胸腔内に膿性滲出液が貯留する疾患。肺炎から移行することが多く,しばしば乳幼児がかかるが,かつては結核性のものもかなりの比率を占めていた。急性期には発熱,咳,胸痛などを訴えることがあるが,特有の症状はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のう‐きょう【×膿胸】

胸膜腔に膿(うみ)がたまった状態。結核性のものと肺炎肺化膿症自然気胸などに併発するものとがあり、胸痛・呼吸困難・発熱・痰(たん)の増加などの症状がみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

膿胸【のうきょう】

化膿性胸膜炎のこと。胸膜腔に膿汁のたまる病気。肺炎球菌ブドウ球菌などによる肺炎に続発することが多い。症状は発熱,胸痛,呼吸困難など。治療には抗生物質の投与や排膿を行う。
→関連項目緑膿菌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

のうきょう【膿胸 Pyothorax】

[どんな病気か]
 内外二重の胸膜(きょうまく)に囲まれ、正常でも少量の胸水(きょうすい)がある胸膜腔(きょうまくくう)に感染がおこり、胸水が肉眼でみても混濁して、膿(うみ)のようになった状態が、典型的な膿胸です。
 かつては結核(けっかく)によっておこることが多かったのですが、最近では肺炎や肺化膿症(はいかのうしょう)にともなう膿胸が注目されています。
 縦隔(じゅうかく)の炎症や胸壁の外傷、あるいは腹腔内(ふくくうない)での感染症に引きつづいておこることもあります。
 抗生物質が十分に使用できなかった時代には、黄色(おうしょく)ブドウ球菌(きゅうきん)による肺炎に合併することが多かったのですが、今日では嫌気性菌(けんきせいきん)(酸素がないところで増える細菌)による肺炎に合併する膿胸が重要視されています。
 日本では、治療の早期から抗生物質が使われるためか、肺炎にともなう膿胸をみる機会は、それほど多くありません。
 しかし、肺炎に対する適切な治療が遅れると、膿胸となることもあるので、注意が必要です。
[治療]
 胸水が膿性を示すときは、抗生物質による治療とともに、胸膜腔に管を入れて積極的に胸水を排除する必要があります。
 結核性膿胸は、以前と比べると少なくなりました。結核性膿胸が肺に穿孔(せんこう)をおこした場合には手術が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

のうきょう【膿胸 pyothorax】

胸膜の感染症で,胸腔の中に膿性の滲出液が貯留した状態をいう。肺炎や肺化膿症,肺結核,手術後感染にひきつづいて起こることが多い。通常,高熱を発し,白血球数が増加する。まず急性膿胸で始まり,放置したり,処置が不適切だと慢性膿胸に移行する。慢性膿胸のなかでは,結核性膿胸tuberculous pyothoraxがその大部分を占める。慢性膿胸では胸膜の炎症のほか,繊維素の沈着,胸膜の肥厚,石灰の沈着を起こし,呼吸機能を著しく障害する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のうきょう【膿胸】

胸膜の化膿性炎症の一。胸膜腔に膿汁が貯留した状態。肺膿瘍に合併することが多く、高熱・胸痛を呈する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膿胸
のうきょう

胸膜腔(きょうまくくう)内に化膿(かのう)性の滲出(しんしゅつ)液が存在する状態をいう。臨床上、急性膿胸と慢性膿胸に分ける。肺炎、肺化膿症、気管支拡張症、肺結核などの病巣から波及することが多いが、心膜炎、縦隔炎、横隔膜下膿瘍(のうよう)、肝膿瘍、敗血症、胸部の穿通(せんつう)性外傷、胸部外科手術などに随伴しておこることもある。起炎菌としては肺炎球菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、2~3種の真菌類があげられる。慢性膿胸はほとんどが結核性膿胸である。急性膿胸では高熱を発し、胸痛、呼吸困難、咳(せき)がおこる。治療はまず抗生物質を投与し、胸腔内に肺膿管を挿入し、水封式胸腔ドレナージ(回路を水封し胸腔内を陰圧にして排液する方法)を行う。慢性膿胸では外科的手術が必要となることが多い。自然治癒はまれで、放置すると肺や胸壁が破れ、治療がむずかしくなる。老人や小児では予後はかならずしもよくない。[石原恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の膿胸の言及

【胸水】より

…また,卵巣繊維腫などの骨盤内腫瘍で漏出性胸水を伴うことがあり,メイグス症候群Meigs syndromeとよばれる。滲出液は種々の胸膜炎膿胸においてみられる胸水で,その原因によって外観は黄色透明~混濁,膿性,血性などさまざまであるが,一般に比重は1.018以上,タンパク質含有量3.0g/dl以上と,漏出液に比べ,高比重,高タンパク質であり,細胞成分も多い。その他,胸水にリンパ液が混じり,脂肪分の多い特有のミルク色を呈することがあり,乳糜(にゆうび)胸水とよばれる。…

【胸膜炎】より

胸膜に起こる炎症で,肋膜炎ともよばれ,胸膜腔内に滲出液(胸水)が貯留する。滲出液が膿性の場合には膿胸(または化膿性胸膜炎),血性の場合には血性胸膜炎とよばれる。なお,外傷や大動脈瘤破裂などにより胸膜腔内に血液が貯留するものは,とくに血胸とよばれる。…

※「膿胸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

膿胸の関連キーワード何心地二重丸羽二重肌ドンナ二重の悲劇眼窩眼筋炎胸膜のしくみと気胸のいろいろ肋骨骨折癌性胸膜炎二重の危険

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膿胸の関連情報