コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤太兵衛 ごとう たへえ

2件 の用語解説(後藤太兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤太兵衛 ごとう-たへえ

?-1673 江戸時代前期の開拓者。
加賀石川郡押野村(金沢市)の大庄屋。明暦-万治(まんじ)(1655-61)のころ泉野付近に田畑をひらく。さらに犀(さい)川の水をひいて長坂用水をつくり,石高約950石におよぶ新田を開発。長坂新村誕生のもととした。延宝元年死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤太兵衛

没年:延宝1.5(1673)
生年:生年不詳
江戸前期,加賀藩(石川県)の藩営新田の典型の一とされる里子新開に功労があった十村肝煎。明暦1(1655)年から金沢城下南部の丘陵地泉野の田畑開発を行い新村建設に尽くした。さらに藩の助成を受け,寛文11(1671)年より犀川上流小原村から取水する長坂用水を造成,泉野の灌漑面積を広げ,困窮農民であった里子104人を移して長坂新村をたて,945石余の新田開発を行った。<参考文献>『後藤家文書目録』『加賀藩農政史の研究』上

(木越隆三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後藤太兵衛の関連キーワード加賀新田開発明倫堂加賀鳶那谷寺枝権兵衛奥寺八左衛門兼巻(3代)月嘯虎白中本恕堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後藤太兵衛の関連情報