コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤才次郎 ごとう さいじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤才次郎 ごとう-さいじろう

1634-1704 江戸時代前期の陶業家。
寛永11年生まれ。加賀(石川県)大聖寺藩士。万治2年藩命で製陶法を習いに肥前有田(佐賀県)におもむく。長崎で出会った明(中国)からの亡命陶工数名を伴って帰藩し,古九谷窯を開いたといわれる。異説おおい。宝永元年3月24日死去。71歳。名は忠清。号は玄意。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごとうさいじろう【後藤才次郎】

江戸前期の陶工。九谷焼くたにやきの祖。肥前国有田で製陶法を学び加賀国江沼郡九谷村で開窯。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

後藤才次郎の関連キーワード田村権左右衛門大浦林斎後藤忠清九谷焼

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後藤才次郎の関連情報