コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤桃水 ごとう とうすい

1件 の用語解説(後藤桃水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤桃水 ごとう-とうすい

1880-1960 明治-昭和時代の民謡研究家。
明治13年10月25日生まれ。宮城県出身。小梨錦水に尺八をまなぶ。明治39年東京神田に追分節道場をひらく。各地で尺八をおしえながら,民謡の歌い手と交流。大正初期から東京で追分節大会を開催。大正11年大日本民謡研究会を組織。東北民謡育ての親といわれる。昭和35年8月8日死去。79歳。日大中退。本名は正三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

後藤桃水の関連キーワードメタボリズム紙幣整理安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党オランダ文学陸上競技韓国市民運動

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後藤桃水の関連情報