コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俚謡 りよう

2件 の用語解説(俚謡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

俚謡【りよう】

いなかびた歌,民間の歌の意。民謡とほとんど同義。狭義には俗謡や流行歌などを除外した厳密な民謡と同義に使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

俚謡
りよう

民謡の同意語。明治から昭和20年代まで用いられたが、今日では死語となっている。「民間で歌い伝えられた歌、さとうた、俗謡」をいい、田舎(いなか)らしい唄(うた)、田舎の唄、都会のように洗練されていない唄などをさす語であった。ところが、この語には、都会に対して田舎を一段下にみる差別用語的な感じがつきまとうため、NHKでは1947年(昭和22)7月3日までは用いていたが、第二次世界大戦後の民主主義の急速な広がりのなかで廃止された。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

俚謡の関連キーワード田舎びる田舎節傖父ほとほとビタースイート鐚ひらなか殆しほとめ・く

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

俚謡の関連情報