コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俚謡 りよう

百科事典マイペディアの解説

俚謡【りよう】

いなかびた歌,民間の歌の意。民謡とほとんど同義狭義には俗謡流行歌などを除外した厳密な民と同義に使われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

俚謡
りよう

民謡の同意語。明治から昭和20年代まで用いられたが、今日では死語となっている。「民間で歌い伝えられた歌、さとうた、俗謡」をいい、田舎(いなか)らしい唄(うた)、田舎の唄、都会のように洗練されていない唄などをさす語であった。ところが、この語には、都会に対して田舎を一段下にみる差別用語的な感じがつきまとうため、NHKでは1947年(昭和22)7月3日までは用いていたが、第二次世界大戦後の民主主義の急速な広がりのなかで廃止された。[竹内 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

俚謡の関連キーワード俚・利・吏・履・理・痢・罹・裏・詈・里・離ツリガネニンジン(釣鐘人参)渡部 お糸(1代目)渡部 お糸(初代)詞(中国歌謡文学)渡部お糸(初代)足立 鍬太郎湯朝 竹山人石川 美峰弘田 知秋湯朝竹山人後藤 桃水熊野比丘尼カタツムリ傀儡子記弘田知秋日本民謡越後獅子古詩源都々逸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android