コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤派 ごとうは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後藤派
ごとうは

装剣金工の一派。室町時代後藤祐乗を祖とし,江戸時代末期,17代典乗まで続いた。京都を本拠とし,江戸,金沢にも分派があった。京後藤家は桃山,江戸時代を通じて将軍家にかかえられ,金工の宗家とされて,その作品は民間の町彫 (まちぼり) に対し家彫 (いえぼり) と称された。江戸時代中期以降は材料,意匠,制作技法などに厳重な規範が設けられ形式化した。しかし江戸時代末期まで,将軍家をはじめ武家の正式の拵 (こしらえ) には,必ず後藤家の作を用いるように定められていた。初代祐乗,2代宗乗,3代乗真,4代光乗,5代徳乗,7代顕乗,11代通乗,および分派殷乗家の末孫の一乗などが名工。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone