コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤祐乗 ごとうゆうじょう

8件 の用語解説(後藤祐乗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後藤祐乗
ごとうゆうじょう

[生]永享12(1440).美濃
[没]永正9(1512).京都
室町時代中期の装剣金工。後藤派の始祖。基綱の子。幼名は経光丸,名は正奥,通称は四郎兵衛,剃髪して祐乗を名のる。足利義政に仕え,法橋を経て法印に叙せられた。それまでの主流であった鉄の代りに,赤銅や金を素材に用い,彫法や意匠にも新機軸を生み出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごとう‐ゆうじょう〔‐イウジヨウ〕【後藤祐乗】

[1440~1512]室町後期の装剣金工家。美濃の人。名は正奥。通称、四郎兵衛。足利義政に仕え、入道して祐乗と号した。目貫(めぬき)小柄(こづか)笄(こうがい)三所物(みところもの)の意匠・技法に新機軸を打ち出し後藤家彫(家彫)を創始。精巧で格調高い作風により、子孫代々将軍家の御用を勤めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

後藤祐乗【ごとうゆうじょう】

室町時代の金工家。通称四郎兵衛。美濃彫から出て一家を成した。作品は小柄(こづか),(こうがい),目貫(めぬき)などに限られ,赤銅や金を用いて,竜,獅子(しし)などを高彫にしたものが多い。
→関連項目家彫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤祐乗 ごとう-ゆうじょう

1440-1512 室町-戦国時代の装剣金工。
永享12年生まれ。金工後藤家の祖。将軍足利義政につかえる。三所物(みところもの)とよばれる目貫(めぬき),笄(こうがい),小柄(こづか)の製作に専念,美濃(みの)彫に独自の工夫をこらした。法印。永正(えいしょう)9年5月7日死去。73歳。美濃(岐阜県)出身。名は正奥。通称は四郎兵衛。代表作に「獅子牡丹(ししぼたん)造小さ刀拵(こしらえ)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤祐乗

没年:永正9.5.7(1512.6.20)
生年:永享12(1440)
室町時代の刀装金工家。刀装金工の宗家,後藤家の始祖。後藤基綱の嫡子として,美濃国(岐阜県)に生まれたと伝えられる。幼名を経光丸,通称は四郎兵衛,正奥と諱した。祐乗の名は剃髪入道後の法号とされる。はじめ室町幕府8代将軍足利義政の側近に仕え,のちにこれを辞してもっぱら装剣金工を業とした。足利家より近江国(滋賀県)坂本本郷内に300町を支給され,後花園天皇のときに法印の勅許を受けた。作風は出身地の美濃彫りの影響を強く受け,これに狩野派絵画の図様などを取り入れ,格調高い,いわゆる後藤風と称される装剣金工の伝統の基礎を作りあげた。作品の種類は,目貫,笄,小柄からなる三所物が主で,題材は獅子や竜を好み,ほかに虎,濡烏,三番叟,能道具,花卉などもある。地金は金や赤銅など良質で高価な材質を用い,魚々子地に高彫りで図柄を表した。後世,その技量は後藤家の祖として半ば伝説化するにいたった。祐乗の作品には自署有銘のものは皆無で,有銘ものは後世の極め銘である。現存する代表作には重要文化財「獅子牡丹造小さ刀拵」「倶利迦羅三所物」「濡烏三所物」「眠布袋二所物」(いずれも前田育徳会蔵)などがある。2男1女があったが,長男は早世したため,次男宗乗が後藤家2代目を継いだ。京都蓮台寺に葬られたと伝えられる。 この祐乗を祖とする後藤家は,祐乗‐宗乗‐乗真‐光乗‐徳乗‐栄乗‐顕乗‐即乗‐程乗‐廉乗‐通乗‐寿乗‐延乗‐桂乗‐真乗‐方乗‐典乗と幕末まで脈々と17代続いた。この間,足利家をはじめ豊臣家,徳川将軍家の御用を務めたことから,特に家彫りと称され,一般の町彫師とは区別してその格式が重んじられた。そのため,代々の後藤家の作品は,格式や伝統など家彫りとしての制約から,地金や図柄が固定化し,一方で作品そのものの創造性や個性の面から画一的なものに陥ってしまった感も否めない。なお,祐乗,宗乗,乗真の初期の3人は,特に上三代と呼ばれて武家の間で好まれた。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごとうゆうじょう【後藤祐乗】

1440‐1512(永享12‐永正9)
室町時代の金工。78歳で没とする説もある。通称を四郎兵衛,名を正奥といい,のち剃髪して祐乗と号した。美濃国の出といわれ,足利義政に仕える武士であったが,辞して装剣専門の金工となった。作品は小柄(こづか),笄(こうがい),目貫(めぬき)のいわゆる三所物(みところもの)が主であり(刀装),作風に美濃彫の影響が強く見られる。題材は獅子と竜が最も多く,ほかに虎,濡烏(ぬれがらす),三番叟,能道具などがあり,赤銅,金などの地金を主とし,すべて高肉彫で表している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごとうゆうじょう【後藤祐乗】

1440~1512) 室町中期の金工。美濃の武士で足利義政に仕える。通称、四郎兵衛。諱いみなは正奥。家彫り(後藤彫)の始祖。格調ある高雅な作風により室町将軍以下に重用され、後世に多大な影響を与えた。目貫と笄こうがいの作品が多く「秋田竜」「濡れ烏の二所」などは有名。 → 後藤彫ぼり

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後藤祐乗
ごとうゆうじょう
(1440―1512)

室町後期の金工。後藤家の祖。四郎兵衛正奥と称す。美濃(みの)国(岐阜県)の人。足利義政(あしかがよしまさ)の近侍となったが、彫金に優れていたので将軍から刀剣装具を彫刻することを命じられ、祐乗と名のり法橋(ほっきょう)に叙せられ、さらに後花園(ごはなぞの)天皇から法印に叙せられたと伝える。目貫(めぬき)、小柄(こづか)、笄(こうがい)の三所物(みところもの)の制作を専業とし、銘のある作品はないが、美濃彫の影響を受けて赤銅地金を高彫りにして、うっとり色絵(金銀の薄板を素地の彫刻文様の上にかぶせる技法)を創案した。後人の鑑定による代表作に、獅子牡丹(ししぼたん)造小刀拵(ちいさがたなこしらえ)、濡烏(ぬれがらす)図三所物(ともに東京・前田育徳会)などがある。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の後藤祐乗の言及

【室町時代美術】より


[工芸]
 唐物の精巧さに刺激されて伝統的な工芸の分野も,中期から後期にかけ,技巧がいちだんと進んだ。金工では後藤祐乗(ゆうじよう)が刀剣の装飾に高肉彫の技巧をこらして義政の庇護を受け,その家系の仕事はのちに家彫と呼ばれて江戸時代にいたるまで武将の支持を得た。蒔絵は初期には松楓蒔絵手箱(熊野速玉大社)にみるように,のびやかなやまと絵的文様を特色としていたが,義政の時代には,文様・手法が細密化され,高蒔絵を用いモティーフを浮彫様にあらわしたり,岩に宋元画の筆法をうつしたり,入念な細工となっている。…

※「後藤祐乗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後藤祐乗の関連キーワード秦蔵六(?)染谷知信林又七金工美濃彫明石与太夫鹿島一布後藤乗真刀装ヤムニッツァー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone