コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤逸 ごとう いつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤逸 ごとう-いつ

1815*-1883 幕末-明治時代の歌人。
文化11年12月23日生まれ。夫と死別後,吉川(きっかわ)忠行らに国学や和歌をまなぶ。江戸に出,出羽(でわ)久保田藩の藩邸に出入りし,北村季文(きぶん)らに師事した。門人に石川理紀之助がいる。明治16年5月29日死去。70歳。出羽雄勝郡(秋田県)出身。歌集に「一夜二十首詠藻」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

後藤逸の関連キーワード土壌有機物土壌学

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後藤逸の関連情報