コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川理紀之助 いしかわりきのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石川理紀之助
いしかわりきのすけ

[生]弘化2(1845).秋田
[没]1915.9.
明治の農業改良家。秋田県下の小作調停で名をあげ,のち農業問題の権威となる。 1895年九州を遊説,多数の衰村復興に功があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

石川理紀之助【いしかわりきのすけ】

明治期最後の老農。羽後出身。秋田県勧業部で産米改良やイネの品種改良に努め,農談会や種苗交換会を開いて技術普及に当たった。出身地の疲弊を救う実践活動により著名となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川理紀之助 いしかわ-りきのすけ

1845-1915 明治時代の農業指導者。
弘化(こうか)2年2月25日生まれ。明治5年秋田県庁にはいり,勧農義会,種苗交換会を組織。29年から農村の総合実態調査に着手し,49ヵ町村を対象に「適産調」731冊をまとめた。大正4年9月8日死去。71歳。出羽(でわ)秋田郡出身。本姓は奈良。名は貞直(さだなお)。号は廃物利用庵。著作に「稲種得失弁」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石川理紀之助

没年:大正4.9.8(1915)
生年:弘化2.2.15(1845.3.22)
明治期の農事指導者。出羽国秋田郡小泉村(秋田市)の奈良周喜治の3男。慶応1(1865)年同郡山田村(昭和町)の肝煎石川長十郎家の養子となる。明治10(1877)年以降秋田県庁で勧業行政を担当,腐米改良の指導,種苗交換会開設に尽くし,また県内の篤農家を組織し歴観農話連を結成,農事改良に努めた。16年に帰村,松方デフレ下で窮乏を深めた居村の救済を志し,山田村経済会をつくって村興しに成功。次男老之助に家督を譲り,22年,貧農生活実践のために山居生活に入り,『草木谷山居成績』『稲種得失弁』などを著した。28年には農会づくりに奔走し秋田県農会を結成,会長に推される。29年からは農村調査,適産調に着手,35年まで秋田,福島両県の49町村の調査を完了した。昭和期には,その精神主義的な克苦勉励が強調されて「農聖」と呼ばれたが,真面目は綿密な調査に基づいた経験の分析と,その普及への熱意にあった。「寝ていて人を起すこと勿れ」は彼の遺訓である。<参考文献>佐藤常雄「『稲種得失弁』解題」(『明治農書全集』2巻),川上富三『石川理紀之助の生涯』

(田口勝一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしかわりきのすけ【石川理紀之助】

1845‐1915(弘化2‐大正4)
明治の老農,農村指導者。出羽国秋田郡金足村に豪農奈良家の次男として生まれ,のち隣村山田村石川長十郎の養子となる。1872年(明治5)秋田県勧業係に任用され在職10年,この間農事の改良をはかるとともに,勧農義会,種苗交換会などを組織し永続させている。82年山田村救済のため帰村し,更生計画を実践して立直しに成功,広く世に知られることとなった。明治20年代前田正名の指導のもとに推進されていた町村是調査の事業に共鳴し,その事業に協力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石川理紀之助
いしかわりきのすけ
(1845―1913)

明治時代の農業指導者。出羽(でわ)国秋田郡小泉村(秋田市金足小泉)の豪農奈良家に生まれる。のちに近くの山田村の旧家石川家の養子となり(1865)、5年後には没落に瀕(ひん)していた養家を回復して、14町歩(約14ヘクタール)の地主になった。1872年(明治5)秋田県勧農部に奉職して、勧業試験場を設け、77年以降、秋田産米の腐米防止研究を行い、同年、県の招いた奈良県の老農中村直三(1819―82)とともに数百種のイネを試験した。これに先だって、彼はイネ乾燥法として「斜掛稲架(はさ)」を考案した。中村は翌年帰郷したが、石川は研究を続け、1901年(明治34)その記録の一部を『稲種得失弁』として発行した。彼は官と結び付いて農民組織で活躍し、1876年には勧農義会を、80年には歴観農話連をつくり、技術研究を行い、また窮乏村の救済、救荒対策に活躍した。[福島要一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石川理紀之助の言及

【老農】より

…また農会をつうじて老農の優れた経験的な技術の深化と普及が進むなど,明治農法の基礎が固まった。 著名な老農には,イネの品種改良や耕種改善に功のあった中村直三奈良専二,勧農社を組織して馬耕教師と抱持立犂(かかえもちたちすき)を全国にひろめた林遠里,駒場農学校から農商務省の巡回教師となった船津伝次平,勤倹力行を鼓吹した石川理紀之助などがおり,とくに中村,船津,奈良(あるいは林)を明治三老農という。しかし老農も,90年代に農科大学や農事試験場などが整備され,近代的な輸入農学が消化されると,しだいに活躍の場も狭くなっていった。…

※「石川理紀之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石川理紀之助の関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)後藤三右衛門(2代)スタング(父子)国連教育科学文化機関

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石川理紀之助の関連情報