コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村季文 きたむら きぶん

美術人名辞典の解説

北村季文

江戸後期の国学者。江戸生。季春の男。春水の孫。通称は平吉。国学を能くし、歌人としても優れていた。嘉永3年(1850)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村季文 きたむら-きぶん

1778-1850 江戸時代後期の歌人。
安永7年5月27日生まれ。北村季春の子。江戸の人。家職の幕府の歌学方をつぎ,天保(てんぽう)9年法印。門弟に松平定信ら諸大名30人余,武士や庶民1000人余がいた。博識で漢学にも通じ,北村家中興の祖といわれた。嘉永(かえい)3年2月9日死去。73歳。通称は平吉。号は再昌院。歌集に「梅花百首」,編著に「幕朝年中行事歌合」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例