コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後見草 のちみぐさ

世界大百科事典 第2版の解説

のちみぐさ【後見草】

杉田玄白著。3巻。未刊写本(のち翻刻)。小浜藩用達の石屋亀岡宗山が記した明暦大火の記事を,その孫に見せられた玄白が,鴨長明の《方丈記》にならい,宗山の遺稿を上巻とし,中巻以下にその後の天変地異を書き継ぎ,1787年(天明7)松平定信の老中就任に万歳を唱える記事で終わる。鋭利な風刺のうちに滑稽と皮肉をもって世相を論評した書。明暦より天明にかけての,世相の実態を記録した価値を持つ。【片桐 一男

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報