御多分に洩れず(読み)ゴタブンニモレズ

デジタル大辞泉の解説

御多分(ごたぶん)に洩(も)れず

世間と同じように。例外ではなく。「御多分に洩れずうちの会社も人手が足りない」
[補説]「御他聞」「御多聞」と書くのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごたぶんにもれず【御多分に洩れず】

ほかと同様に。例外でなく。 「 -うちも不況です」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごたぶん【御多分】 に 洩(も)れず

他の大部分の人と同様に。例外ではなく。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)五「何れ折の内の帰りは、小川か此店(ここ)がお定まりの建場だが、鳥渡(ちょっと)一口気をつけの後は、内店の拾匁とするとも何様(どう)とも、何(いづ)れ御多分に洩れやすめへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android