コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御手 オテ

デジタル大辞泉の解説

お‐て【御手】

[名]
相手を敬って、その手、また、その筆跡をいう語。「お手を拝借」「お手をわずらわす」「見事なお手の軸」
犬などが、片前足を上げ、差し伸べた人の手のひらにのせる芸。また、それを命じる語。
[感]相撲で、行司が二人を合わせるときの掛け声。
「『今度は心得て行司をせい』『畏ってござる。いや、―』」〈虎寛狂・鼻取相撲〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おて【御手】

( 名 )
手を丁寧にいう語。 → 御手の物
人の筆跡を敬っていう語。
犬に、前足をあげて人の手に触れるよう命ずる言葉。
( 感 )
相撲で、立ち合いの時や、勝った時に発する掛け声。 「相撲をとりて、男をうちたおいて-というて/狂言・連尺」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御手の関連キーワード京都府京都市右京区嵯峨大沢町大阪府三島郡島本町水無瀬御手を上げる山元荘兵衛亀玉堂亀玉水無瀬親成黄金の文字然る物にて前田利道ものかな飼ひ立つみてぐら書き成す独り言つ書き乱る山元藤助手柔らか真澄の鏡相良頼峰根張り梓

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御手の関連情報