コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御杖代 ミツエシロ

デジタル大辞泉の解説

みつえ‐しろ〔みつゑ‐〕【×杖代】

神や天皇の杖代わりとなって奉仕する者。特に、伊勢神宮斎宮(さいぐう)賀茂神社斎院をいう。
「―と定めてたてまつり給ふ事は」〈祝詞・斎内親王奉入時〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みつえしろ【御杖代】

大神・天皇などの御杖となって助けるもの。多く、伊勢神宮の斎宮の称。 「豊耟入婦とよすきいりひめを以ちて-として/皇大神宮儀式帳」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御杖代の言及

【杖】より

…杖に占有権が認められたのは,杖を依代(よりしろ)として神が降臨してくると考えられていたからである。神楽の採物(とりもの)の一つに杖がある(〈神楽歌〉)のも,また垂仁天皇のとき,倭姫(やまとひめ)命を〈御杖(みつえ)〉として天照大神にたてまつった(《日本書紀》)とか,〈御杖代(みつえしろ)〉とした(《皇太神宮儀式帳》)とされるのも,杖にまつわるこの信仰にもとづくものである。稲荷山(いなりやま)古墳出土の鉄剣の銘文にみえる〈杖刀人首〉の〈杖〉もこうした信仰と無関係ではなかった。…

※「御杖代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御杖代の関連キーワードヤマトヒメノミコト(倭姫命)倭比売命・倭姫命皇大神宮儀式帳千家尊澄斎王宮跡北島全孝千家尊孫倭姫命斎宮御杖

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android