コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御法川直三郎 みのりかわ なおさぶろう

2件 の用語解説(御法川直三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御法川直三郎 みのりかわ-なおさぶろう

1856-1930 明治-大正時代の製糸機発明者。
安政3年7月13日生まれ。西ケ原蚕病試験場で蚕病を研究し,のち製糸機の改良をこころざす。明治37年に発明した20条の緒をもつ御法川式多条繰糸機は片倉製糸紡績に採用され,実用化された。昭和5年9月11日死去。75歳。出羽(でわ)秋田出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

御法川直三郎

没年:昭和5.9.11(1930)
生年:安政3.7.13(1856.8.13)
明治大正期の製糸機械の発明家。出羽国秋田城下の士族の家に生まれる。若いころ,地元や福島県で養蚕・蚕種製造に従事。明治20(1887)年に西ケ原蚕病試験場を修了したころから発明の天分を現し,以後製糸機械を中心に次々に重要な発明を行った。36,37年には早くも多条繰糸機を発明したが,これが実用化したのは,大正11(1922)年に片倉製糸が採用してからのことであった。片倉製糸は御法川式多条機により最高級格生糸を昭和5(1930)年ごろに一時独占的に生産し,これはミノリカワ・ローシルクとしてニューヨーク生糸市場に名を轟かせた。発明以外にはほとんど趣味がないというほどの発明の虫であったが,晩年には養蚕農民の立場に立った「製糸業革新意見」を述べており,自らの発明の社会的意味にも並々ならぬ関心を寄せていたことを窺わせる。<参考文献>丹羽四郎編『御法川直三郎翁自伝』,同『御法川直三郎翁とその事蹟』

(松村敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御法川直三郎の関連キーワードベッセマークロンプトン達磨糸土崎合糸機工風嘉六津田米次郎藤田孫太郎真崎照郷円中文助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone