コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御狂言楽屋本説 おきょうげんがくやのほんせつ

世界大百科事典 第2版の解説

おきょうげんがくやのほんせつ【御狂言楽屋本説】

歌舞伎解説書。2編4冊。2世三亭春馬著。梅蝶楼国貞・一英斎芳艶(初編),一蘭斎国綱(第2編)画。初編1858年(安政5),第2編59年,江戸南伝馬町蔦屋吉蔵刊。歌舞伎舞台の構造,大道具,小道具,仕掛物等に関して図を中心にして解説し,囃子(はやし)鳴物の説明を加え,舞台裏のすべてを紹介しようとした書。舞台裏をのぞきたい,多用される仕掛物の種明しが見たい,という観客・読者の欲求に応じて作成されたものであるが,近世後期(幕末)の歌舞伎の独特な演出技巧を伝える好資料となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android