コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御講聞書 おんこうききがき

世界大百科事典 第2版の解説

おんこうききがき【御講聞書】

《日向記》とも称す。1278年(弘安1)から80年にかけて,日蓮の弟子日向(にこう)が日蓮の法華経の講義を筆録したものと伝えられるが,書誌学的・教学的面から後世の偽撰とされる。室町時代の写本が新曾(にいぞ)(戸田市)妙顕寺にあり,刊年未詳の1本の版本に1500年(明応9)書写を思わせる奥書がある。妙顕寺本に〈上三帖内〉とあるのによれば,元来は3巻か。現存するのは上のみで90ヵ条。中古天台の影響をうけ,本覚思想にもとづく観心主義の傾向が見られるが,同種のものである《御義口伝(おんぎくでん)》よりは,その傾向は素朴といわれ,同書が日興門流内で成立したとされるのに対して,本書は一致派内での成立とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

御講聞書の関連キーワード弘安ワーツラフ2世建治弘安虎関師錬西明寺続拾遺和歌集大慈寺文観蘭渓道隆

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android