コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御講聞書 おんこうききがき

1件 の用語解説(御講聞書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おんこうききがき【御講聞書】

《日向記》とも称す。1278年(弘安1)から80年にかけて,日蓮の弟子日向(にこう)が日蓮の法華経の講義を筆録したものと伝えられるが,書誌学的・教学的面から後世の偽撰とされる。室町時代の写本が新曾(にいぞ)(戸田市)妙顕寺にあり,刊年未詳の1本の版本に1500年(明応9)書写を思わせる奥書がある。妙顕寺本に〈上三帖内〉とあるのによれば,元来は3巻か。現存するのは上のみで90ヵ条。中古天台の影響をうけ,本覚思想にもとづく観心主義の傾向が見られるが,同種のものである《御義口伝(おんぎくでん)》よりは,その傾向は素朴といわれ,同書が日興門流内で成立したとされるのに対して,本書は一致派内での成立とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御講聞書の関連キーワード今出川尚季弘安弘安の役日向かひ日向灘地震景則(初代)国俊(1)信海(1)摂津親致源具顕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone