御足・御銭(読み)おあし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 「あし(足)(一)②」の尊敬語。
※浮世草子・西鶴織留(1694)四「お足(アシ)のひらたいもお着(きる)物を長ふめせば誰見付る事はなきに」
② (もと女性語で、「金銭」の丁寧語) 貨幣の総称。特に穴あき銭をさすことが多い。
※実隆公記‐大永七年(1527)五月三〇日至六月二日紙背(経師良全請取状)「あみた経御うすやうやないはこの御あし三十疋いたされ候」
③ しかられること。
※浄瑠璃・伊賀越乗掛合羽(1777)鎌倉山「見付けられたら又お足と、跡をも見ずしてとっぱかは、幕影へこそにげて入」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android