御足・御銭(読み)おあし

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐あし【御足・御銭】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 「あし()(一)②」の尊敬語。
※浮世草子・西鶴織留(1694)四「お足(アシ)のひらたいもお着(きる)物を長ふめせば誰見付る事はなきに」
② (もと女性語で、「金銭」の丁寧語) 貨幣の総称。特に穴あき銭をさすことが多い。
※実隆公記‐大永七年(1527)五月三〇日至六月二日紙背(経師良全請取状)「あみた経御うすやうやないはこの御あし三十疋いたされ候」
③ しかられること。
※浄瑠璃・伊賀越乗掛合羽(1777)鎌倉山「見付けられたら又お足と、跡をも見ずしてとっぱかは、幕影へこそにげて入」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android