コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉山 カマクラヤマ

デジタル大辞泉の解説

かまくら‐やま【鎌倉山】

神奈川県鎌倉市周辺の山。[歌枕]
「薪伐(たきぎこ)る―の木垂(こだ)る木をまつと汝が言はば恋ひつつやあらむ」〈・三四三三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かまくらやま【鎌倉山】

古く、鎌倉の山々をいった語。 〔現在では鎌倉市西部の丘陵地の地名〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鎌倉山の言及

【鎌倉[市]】より

…61年大船駅から湘南モノレールが湘南江の島まで開通し,沿線の旧大船町,深沢村,腰越地区の宅地化が急速に進んだ。七里ヶ浜背後に高級別荘地として開発された鎌倉山一帯もその南斜面が60年代以降,宅地化された。旧大船町地区のうち大船駅周辺は,第2次大戦中から京浜工業地帯の延長として工業化が進み,市内の事業所の半数以上がここに集中している。…

※「鎌倉山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎌倉山の関連キーワード南部(町)(鳥取県)市川鰕十郎(初代)松本友十郎(初代)鎌倉山シェフの塩鎌倉アカデミア朝比奈 宗源中村魚眼七里ヶ浜詫磨能秀古典落語お家物木垂る星月夜頭盔頭薪樵る助真国綱助綱

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎌倉山の関連情報