コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復旧勅令 ふっきゅうちょくれいRestitutionsedikt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

復旧勅令
ふっきゅうちょくれい
Restitutionsedikt

回復勅令とも呼ばれる。 1629年3月6日,神聖ローマ皇帝フェルディナント2世により発せられた勅令。 1552年のパッサウ条約以後新教側に収用された教会領をカトリックに返還すべきことを規定するとともに,ルター派以外の新教を禁じた。三十年戦争の初期,皇帝側が勝利の余勢を駆って勢力挽回をはかった結果であり,55年のアウクスブルクの和議の教会的留保権を根拠とする。当初は実施が励行されたが,スウェーデン王グスタフ2世の侵入とともに無実化し,ウェストファリアの講和で廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

復旧勅令の関連キーワードウェストファリアアウクスブルク回復勅令講和和議

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android