コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復活祭論争 ふっかつさいろんそうpaschal controversies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

復活祭論争
ふっかつさいろんそう
paschal controversies

初期キリスト教会における復活祭の日取りに関する論争。小アジアではユダヤ教の過越しニサンの月 14日をキリストの死の記念日として祝ったが,ローマでは早くからキリストの復活に重点をおき,ニサンの月 14日の次の日曜日を主張した。教皇ビクトル1世が前者に破門を宣言するに及んで争いは表面化したが,エイレナイオスの仲介により教会分裂は避けられた。ニカイア公会議 (325) はユダヤ教との相違を強調し,キリストの復活の祝日という意味づけをとってローマの習慣を一般化させた。暦法による算出の問題はニカイア公会議では決定されず,その後もローマとアレクサンドリアでは異なった日に復活祭が祝われたが,6世紀ディオニシウス・エクシグウスの影響により西方でもアレクサンドリア算法が浸透した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

復活祭論争の関連キーワードポリュカルポスアニケツス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android