コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

循環水 じゅんかんすいcyclic water

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

循環水
じゅんかんすい
cyclic water

大気圏,水圏岩石圏の間を循環する海水太陽熱を受けて蒸発し,水蒸気となり,海または陸上に降水となって降る。陸上では地下水または地表水となって流動し,海に注ぐ。地球全体でみると,年間の降水量蒸発量とはバランスがとれており,約 100mm/cm2といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

循環水の関連キーワードエコウォッシュシステムバイオテクノロジー水蒸気性セメント方硫カドミウム鉱レジオネラ症水マンガン鉱二次冷却水斜流ポンプ熱水溶液変質作用深成鉱床水苦土石続成作用膠結作用土壌水水資源処女水大気圏高炉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

循環水の関連情報