岩石圏(読み)ガンセキケン

  • lithosphere

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 地殻とマントルの、主として岩石からなる部分。水の部分の水圏、大気の部分の気圏に対していう。岩圏。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

地球は,流体である核,均質なケイ酸塩であるとされるマントル,および不均質なケイ酸塩である地殻から成り立っている.一般に,岩石圏は,マントル最下位の約2900 km の深さから,地殻表面までの固相部の名称である.B. Mason(1961年)の計算結果によると,岩石圏の質量は4.099 × 1024 kg,全地球に対する質量比68.5%,体積0.907 × 1021 m3 である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android