岩石圏(読み)ガンセキケン

化学辞典 第2版「岩石圏」の解説

岩石圏
ガンセキケン
lithosphere

地球は,流体である,均質なケイ酸塩であるとされるマントル,および不均質なケイ酸塩である地殻から成り立っている.一般に,岩石圏は,マントル最下位の約2900 km の深さから,地殻表面までの固相部の名称である.B. Mason(1961年)の計算結果によると,岩石圏の質量は4.099 × 1024 kg,全地球に対する質量比68.5%,体積0.907 × 1021 m3 である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

岩石学辞典「岩石圏」の解説

岩石圏

地球の外側の岩石殻で固体地球の最外部の約100km程度の部分.岩流圏(asthenosphere)の上部に横たわり,地殻(crust)と上部マントルの部分を含んでいる[Dana : 1863].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「岩石圏」の解説

がんせき‐けん【岩石圏】

〘名〙 地殻とマントルの、主として岩石からなる部分。水の部分の水圏、大気の部分の気圏に対していう。岩圏。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android