コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微弱陣痛 びじゃくじんつう

妊娠・子育て用語辞典の解説

びじゃくじんつう【微弱陣痛】

子宮の収縮、つまり陣痛の弱い状態が続き、お産がなかなか進まない状態です。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

家庭医学館の解説

びじゃくじんつう【微弱陣痛 Weak Pains】

[どんな病気か]
 お産の原動力となる子宮の規則的な収縮を、陣痛といいます。
 正常な出産のときには、弱くて間隔の長い陣痛から始まり、お産の進行にともなって、陣痛は徐々に強くなるとともに間隔も短くなり、胎児を押し出す力になります。
 この陣痛が弱かったり、持続時間が短く、間隔の長い場合を、微弱陣痛といいます。
 お産が始まったときから陣痛が弱い場合を原発性微弱陣痛(げんぱつせいびじゃくじんつう)、最初は正常であったものが、お産の途中から弱くなった場合を続発性微弱陣痛(ぞくはつせいびじゃくじんつう)と呼んでいます。
[治療]
 いずれの場合も、分娩(ぶんべん)監視装置で陣痛の強さや間隔、胎児の状態をみながら、子宮収縮剤(オキシトシンやプロスタグランジン製剤)を使用して、正常な陣痛がくるようにします。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典内の微弱陣痛の言及

【異常分娩】より

…表のように異常分娩には非常にたくさんの種類があるが,別項に記載のあるものはその項を参照されたい。
[微弱陣痛uterine inertia]
 陣痛(子宮収縮)が弱いために,分娩の進行が遅れるものをいい,最初からのものを原発性微弱陣痛,途中からのものを続発性微弱陣痛という。陣痛以外に分娩を遅らせる原因がない場合は,子宮収縮剤を投与して陣痛を強くする。…

【出産】より

…分娩陣痛による子宮内圧の上昇は40~50mmHgであり,分娩の経過に従い増加する。陣痛の異常値(過強陣痛および微弱陣痛)は表3に示した。分娩第2期の陣痛の強さが50mmHgと分娩第1期末と差がないのは,陣痛が強くなっても子宮口全開大により抵抗が減弱し,内圧が上昇したためと思われる。…

※「微弱陣痛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

微弱陣痛の関連キーワード脳下垂体ホルモン剤陣痛誘発剤閉塞性分娩ホルモン剤多胎妊娠鉗子分娩異常分娩誘発分娩羊水難産