コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微衷 ビチュウ

デジタル大辞泉の解説

び‐ちゅう【微衷】

自分のまごころ・本心をへりくだっていう語。
「お上に置かせられても、我々の―をお酌取下されたものと」〈鴎外大塩平八郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びちゅう【微衷】

自分の真心や本心をへりくだっていう語。 「 -の程を賢察下され/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

微衷の関連キーワード丑・中・仲・厨・宙・忠・抽・昼・晝・柱・沖・注・疇・籌・虫・蟲・衷・註・誅・躊・鋳・鑄・駐備・媚・尾・弥・微・眉・美・靡・鼻二・二六事件/蹶起趣意書自由太刀余波鋭鋒松本斗機蔵大槻磐渓院庄真心

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android