コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳力竜澗 とくりき りゅうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳力竜澗 とくりき-りゅうかん

1706-1777 江戸時代中期の儒者。
宝永3年生まれ。幕府儒官であった父徳力有隣(ゆうりん)の跡をつぎ,評定所儒者,奥儒者をへて宝暦12年書物奉行となった。安永6年3月8日死去。72歳。享年は一説に71歳とも。江戸出身。名は良弼(よしすけ),茂弼。字(あざな)は子静。通称は十兵衛,藤八郎。別号に菔園,混々翁。著作に「古文孝経外伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳力竜澗の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物蕪村カスパルカスパルイーブリンイーブリンシュリューターペドロ2世[ポルトガル王]アルバカーキ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android