コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳田錦江 とくだ きんこう

1件 の用語解説(徳田錦江の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳田錦江 とくだ-きんこう

1710-1772* 江戸時代中期の儒者。
宝永7年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。増子淑時(よしとき),安積澹泊(あさか-たんぱく)にまなぶ。享保(きょうほう)16年彰考館にはいり,のち総裁。世子(徳川治保(はるもり))の抱傅兼侍講もつとめた。明和8年12月29日死去。62歳。名は庸。字(あざな)は子疇。通称は儀七,五左衛門。別号に汶江,薛茘園。著作に「錦江文集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳田錦江の関連キーワード噺本新版歌祭文黒沢琴古相良藩(遠江国)本多髷工藤平助ワイアット鹿の子餅・鹿の子餠安永明和

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone