コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳竜 とくりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳竜 とくりゅう

1772-1858 江戸時代後期の僧。
明和9年9月26日生まれ。越後(えちご)(新潟県)の人。徳猊(とくげい)の兄。真宗大谷派。京都の高倉学寮で深励(じんれい)にまなぶ。弘化(こうか)4年講師となり,また各地で布教にあたる。頓成(とんじょう)らの異義問題の取り調べを担当した。安政5年1月23日死去。87歳。字(あざな)は召雲。号は不争室,香樹院。著作に「成唯識論記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳竜 (とくりゅう)

生年月日:1772年9月26日
江戸時代後期の真宗大谷派の学僧
1858年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

徳竜の関連キーワード生年月日武田行忠樋口竜温稲葉昌丸撝謙徳州項英

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳竜の関連情報