コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳猊 とくげい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳猊 とくげい

1781-1860* 江戸時代後期の僧。
天明元年生まれ。徳竜の弟。真宗大谷派の深励(じんれい)の弟子。円通(普門)にインドの暦学をまなび,京都の高倉学寮で講義をする。文化14年郷里越後(えちご)(新潟県)の勝願寺の住職となった。安政6年12月19日死去。79歳。字(あざな)は香雲。号は香海院。著作に「暦学書」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳猊の関連キーワード蓼太藩学一覧万延第二帝政ラトビア鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園馬明心朋誠堂喜三二

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android