コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳見知敬 とくみ ともたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳見知敬 とくみ-ともたか

1853-1922 明治-大正時代の陶画師。
嘉永(かえい)6年生まれ。肥前小城(おぎ)藩(佐賀県)藩士の子。有田の納富(のうどみ)介次郎にまなび,辻勝蔵の精磁会社で宮内省御用品の絵付けをする。明治21年磁器原土製造の起産社を設立。32年有田徒弟学校(現有田工)教諭となり,図案・絵付けを指導した。大正11年2月25日死去。70歳。号は荻村,英南。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳見知敬の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android