コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心の病気へのアプローチ こころのびょうきへのあぷろーち

1件 の用語解説(心の病気へのアプローチの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こころのびょうきへのあぷろーち【心の病気へのアプローチ】

 心の病気らしいことがわかると、症状と検査から診断をつけます。
 症状は外に現われる表情や行動の異常(興奮、中毒、摂食障害(せっしょくしょうがい)、強迫、てんかんなど)と、内面を話してもらって初めてわかる異常(不安、うつ、妄想(もうそう)など)があります。検査には、脳やからだを調べるCTスキャンコンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像装置)、脳波などと、精神面を調べる心理テスト知能検査などがあります。
 まず、脳やからだの障害で原因となるもの(体因性(たいいんせい))を探り、つぎに心理的な要素が強いもの(心因性(しんいんせい))か、それとも原因のはっきりしない病気(内因性(ないいんせい))かを区別する方向で進めていきます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

心の病気へのアプローチの関連キーワード幼気らし風の病重症空空しい難治話が分かる腹心の病目は心の鏡物が分かる長煩い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone