心の病気へのアプローチ(読み)こころのびょうきへのあぷろーち

家庭医学館の解説

こころのびょうきへのあぷろーち【心の病気へのアプローチ】

 心の病気らしいことがわかると、症状と検査から診断をつけます。
 症状は外に現われる表情や行動の異常(興奮、中毒、摂食障害(せっしょくしょうがい)、強迫、てんかんなど)と、内面を話してもらって初めてわかる異常(不安、うつ、妄想(もうそう)など)があります。検査には、脳やからだを調べるCTスキャン(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像装置)、脳波などと、精神面を調べる心理テスト、知能検査などがあります。
 まず、脳やからだの障害で原因となるもの(体因性(たいいんせい))を探り、つぎに心理的な要素が強いもの(心因性(しんいんせい))か、それとも原因のはっきりしない病気(内因性(ないいんせい))かを区別する方向で進めていきます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android