摂食障害(読み)せっしょくしょうがい(英語表記)eating disorder

翻訳|eating disorder

知恵蔵の解説

摂食障害

拒食症(anorexia nervosa)と過食症(bulimia nervosa)があり、思春期・青年期の女性に多い。拒食症者は食事の量を非常に制限し、かなりやせた状態になっても体重が増えることを強く恐れる。栄養失調から生理が止まり、低体温、低血圧などの身体症状が現れても本人の危機意識は乏しい。むしろ、やせ細った体形によって自分自身の価値を支えているところがある。体力は衰えるが、学業、スポーツなどに打ち込み、活動的であろうとする。過食症は、自然な空腹感よりも心理的な飢餓感が背景にあり、食べ始めると止まらない。その一方で体重の増加を防ぐため、無理な嘔吐や下剤の乱用が見られる。過食を恥ずかしく思い、抑うつ的で自己嫌悪感が強い。拒食と過食の両方の障害を繰り返したり、拒食から過食へ移行することも少なくない。治療には家族と専門家との連携が重要。

(田中信市 東京国際大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

摂食障害

極端に食事を制限したり、過食し吐くことを繰り返したりするなど食行動の異常を特徴とする精神疾患。自己評価の低さや対人関係の問題などが背景にあるとされ、患者の9割以上が女性といわれる。厚生労働省の2011年の調査では、摂食障害で医療機関を受診した患者は推計で1万2千人。未受診の人も多く、「氷山一角」(同省)とみられる。患者すべてではないが、自傷行為など衝動的な行動を伴うことがあり、万引きもその一つと専門家はみる。心の健康について解説する厚労省ウェブサイトでも問題行動の例として紹介されている。患者の不安などが食行動に表れる病気なので、治療には心理面のサポートが欠かせない。

(2015-02-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

せっしょく‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【摂食障害】

食物を取る量と回数偏りが生じ、拒食症または過食症となる障害。二つの症状が交互に現れることもある。家族・学校・職場などにおける人間関係のストレスから発症することが多い。青年期の女性に多く、また先進国に多い。治療は心理療法行動療法が中心であり、補助的な薬物療法にも効果が認められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

摂食障害【せっしょくしょうがい】

拒食(不食)症,過食症,異食症の3つの総称。異食とは通常の食品としては異常なもの,たとえば生米や粘土,線香,チョークなどを好んで食べたり,酢を飲用したりする状態をいう。異食は,患者数としては極めて少ないが,拒食および過食は神経性食欲不振症において,しばしば見られる。 拒食症とは,特に身体的な障害がないにもかかわらず,まったく食事を受け付けなくなり,骨と皮だけの状態になってしまうもの。若い女性に多いが,一部には男性の患者もいる。本人が〈太りたくない〉という強い意思をもっているため,痩せている状態でも,非常に元気で,自分を痩せているとは思わない。食べたものを排泄するために,下剤や浣腸を使ったり,自分で喉(のど)に手を入れて吐くなどの行動をとるようになり,極度の栄養失調になる場合もある。なお,その一部は,過食症に移行する。 過食症には,それまで拒食していた人が,急に大量の食べ物を摂るようになるケースと,それとは関係なく,無性に食べたくてめちゃくちゃに過食するケースがある。いずれも自分ではコントロールがきかず,欲求を抑えきれずに過食し,それを吐き,また食べるという,食べては吐くを繰り返す患者もいる。 摂食障害の原因はさまざまだが,過激なダイエットや,肉親の死などの精神的ショック,家庭内の問題や母子関係・対人関係・生活環境の変化などによる過度のストレス等があげられる。飽食の時代にあって,特に若い女性の〈痩せたい〉願望からくる過度のダイエットによって摂食障害を起こすケースが急増している。また,ストレスから発症するケースも多く,英国の故ダイアナ妃が自ら摂食障害であったことを告白して話題になった。 真面目で神経質,完璧主義,傷つきやすい,人に気をつかう等の性格の人がなりやすいとされる。 摂食障害による過食や嘔吐(おうと)の繰り返しによる合併症として,虫歯,歯のエナメル質の侵食,唾液腺炎,低カリウム血症などを併発することもあり,慢性の栄養失調の結果,冷え性,低血圧,貧血,骨粗鬆症無月経,無排卵等を起こすこともある。 治療は,身体面と心理面の両方からの治療が必要である。身体面での治療法としては,薬物療法および栄養指導が行われる。薬物療法は極度の栄養失調に陥っている場合に補助的に行うもので,注射などでアミノ酸製剤や栄養剤などを補給し,その後,抗不安薬や抗鬱(うつ)剤などを利用する。心理面の治療には,家族療法,行動療法,集団療法,認知行動療法等が行われる。摂食障害では,家族との関係に問題を抱えている場合も多く,治療にあたっては,家族の協力が不可欠である。家族療法は,そうした家族の関係を重視した治療法であり,家族に対するカウンセリングなども重要なポイントとなっている。
→関連項目アダルト・チルドレン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

せっしょくしょうがい【摂食障害 Eating Disorder】

[どんな病気か]
 一般に拒食症(きょしょくしょう)といわれている神経性食欲不振症(しんけいせいしょくよくふしんしょう)、過食症(かしょくしょう)など、身体的な病気がないのに食事がとれなかったり、また逆に食欲のコントロールができずに食べすぎてしまう病気を総称して、摂食障害といいます。
 なにかショックなことがあって、食欲が一時的に落ちたり、逆にやけ食いをしてしまったりするのは多くの人にみられる現象ですが、摂食障害という場合は、単なる一過性の反応ではなく、かなり長い間、食事に関する問題が続き、しかも、体型や体重に対する強いこだわりがあるのが特徴です。
■神経性食欲不振症(拒食症)
 神経性食欲不振症では、節食や激しい運動などにより、適正な体重の15%以上のやせがみられ、月経も止まります。それだけやせても、もっとやせたいと思ったり、少しでも太ると自分は醜(みにく)いと思いつめるなど、体重しだいで自己評価が大きく左右されるので、毎日の生活が、体重の心配を中心に回るようになってしまいます。
 本人は十分食べているつもりでも、食事の内容が野菜などに偏(かたよ)っており、必要な栄養を満たしていないことがよくあります。食事量が少ないと胃腸の動きが悪く、便秘(べんぴ)になりやすいため、つねに腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)があり、ますます食事量が減ってしまいます。
 摂取する栄養が少ないと、貧血(ひんけつ)(酸素をからだの隅々に運ぶ赤血球(せっけっきゅう)が少ない状態となり疲れやすい)、白血球(はっけっきゅう)減少(感染しやすくなる)、低血圧、低体温などさまざまな弊害が出ます。手のひらが黄色くなったり、体毛が増えたり、頭髪が抜けることもあります。低体重が続くと、女性ホルモンがでにくくなり、若い女性でも閉経後の女性と同じようなホルモン環境になるので骨粗鬆症(こつそしょうしょう)にもなりやすいといわれています。
■過食症
 過食症では、短時間の間に大量の食物を食べてしまいますが、これが単なるやけ食いとはちがうのは、背後に、拒食症と同じように、「やせていないと自分は醜い」という思い込みがあるため、過食の後、うつ状態におちいったり、体重を元に戻すために自分で嘔吐(おうと)したり、下剤(げざい)を必要以上に使ったりする点です。症状が重い時期には、毎日1日中、過食、嘔吐をくり返すといった状態になります。
 拒食症による栄養失調の状態が長く続いた後に、過食症になることもありますし、そうでないこともあります。過食だけでなく、アルコールを飲みすぎたり、その他の薬物乱用も同時にみられることもあります。
 過食症の人の体重は、嘔吐や下剤乱用の程度によりさまざまですが、かなり低体重になった場合は、拒食症と同様の合併症への注意が必要です。
 嘔吐や、下剤を大量に使っていつも下痢(げり)をおこしている場合は、胃液・腸液とともにカリウムが大量に失われ、低カリウム血症(「カリウムと代謝異常」の低カリウム血症)になります。心臓はカリウムの値に敏感で、不整脈などをおこしやすいので、注意が必要です。慢性的に嘔吐していると、歯のエナメル質が失われたり、唾液腺炎(だえきせんえん)になることもよくあります。
[治療]
 治療としては、精神面の治療とともに、からだの治療を行ないます。外来では、精神療法、家族療法などとともに、さまざまな検査をしたり、栄養士による栄養指導を行ないます。必要に応じて、婦人科や内科などとも連携をとりながら治療します。
 体重低下が著しい場合や、抑うつ感や希死念慮(きしねんりょ)(自殺願望)が強い場合は、入院治療をすることもあります。
 摂食障害は、食事に絡む症状なので、他の家族に対してもストレスをおこしやすい疾患です。それまでの家族関係が原因で発症することも多いのですが、毎食の食事のしかたで争っていては、家族関係の改善には時間がかかってしまいます。家庭内のストレスが非常に大きい場合は、やはり専門家に相談し、本人の課題と家族の課題をはっきりさせ、少しずつ解決していくほうがよいでしょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

食の医学館の解説

せっしょくしょうがい【摂食障害】

《どんな病気か?》


〈思春期の心理的葛藤が摂食障害というかたちで現れる〉
 摂食障害(せっしょくしょうがい)は、心理的な原因によって食行動に異常をきたす病態の総称で、ものが食べられなくなる「拒食症(きょしょくしょう)」(神経性食欲不振症)と、衝動的にムチャ食いする「過食症(かしょくしょう)」(神経性過食症)に大きくわかれます。
 拒食症の子どもは、ふとることに対して強い恐怖心があり、生命に危険なほどやせていても、「またふとるかもしれない」などという思い込みから食べることができません。
 過食症の子どもは、通常の食事量をはるかに超えて食べ続け、自分ではそれを制御できません。そして体重が増加しないよう、吐(は)いたり下剤を飲むなどの不適切な代償行為をくり返します。
 ともに十代の女性に多くみられ、思春期のさまざまな心理的葛藤(しんりてきかっとう)が摂食障害というかたちで現れると考えられています。
 摂食障害の子どもに、ただ食べることを強制しても問題は解決しません。心理的な原因になっている心配ごとや悩みを取り除くとともに、食事に対する恐怖心を、少しずつやわらげていくことが治療の課題になります。

《関連する食品》


 栄養面で問題が大きいのは拒食症の場合です。拒食症の子どもは、肉類は口にしないがサラダなら食べるというように、食べものに対して強いこだわりをもっており、やせるのに都合のいい食品をとろうとします。
〈拒食症はビタミンA、Eやカルシウム不足に注意を〉
○栄養成分としての働きから
 とくに成長期の場合、本来なら、たんぱく質をはじめ、各種ビタミン、ミネラルの補給が必要なのですが、まずは本人が食べたいもの、食べられるもので、可能なかぎり栄養を補給させます。
 注意したいのは、カルシウムや、体に脂肪分といっしょでないと吸収されにくいビタミンA、Eの不足です。カルシウムはコマツナ、ダイコンの葉、とうふ、ビタミンA(カロテン、レチノール)はレバーやウナギ、コマツナ、ニンジン、またビタミンEはウナギ、カボチャ、アボカドなどに含まれています。
〈過食症はカリウム補給がポイント〉
 過食症で下剤をひんぱんに使用している場合には、下痢(げり)により大量のカリウムが失われ、不整脈を起こしやすくなります。トマトやアボカド、バナナなどで補給してください。
 うつ状態をともなう場合、ビタミンB1(強化米、カレイ、ダイズ)や、ナイアシン(カツオ、サバ、鶏ささみ)は、精神安定に効果があります。

出典 小学館食の医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

せっしょくしょうがい【摂食障害】

食行動の異常の総称。神経性食欲不振症、拒食・過食・異食など。食行動異常。
口腔咽頭の悪性腫瘍の術後、脳血管障害、筋疾患など様々な原因で食事がうまくできなくなる状態。口に入れた食物が胃に到達するまでの過程で問題が生じる嚥下障害と同時に起こる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摂食障害
せっしょくしょうがい
eating disorder

心理的な要因から正常に食べることができなくなる病気。厚生労働省の指定する難病の一つで、正式には中枢性摂食異常症という。体重増加を恐れて食べない「拒食症」と、ストレスから食べることをやめられなくなる「過食症」が二大症状で、交互に症状が現れることもある。
 拒食症は標準体重の80%以下のやせ状態が3か月以上続き、低体温や冷えを始めさまざまな症状が出る。低栄養からホルモン異常、さらに女性の場合には無月経もみられる。過食症は大量の食べ物を短時間に衝動的に食べる発作が起き、食後は後悔や自責意識にとらわれる。いずれも患者の9割は女性で、10代、20代が多い。厚生労働省の調査では、医療機関を受診している患者は推計1万2000人であるが、潜在患者が少なくない。さまざまなストレスが原因になり、誤ったストレス解消方法で起きる病気であるが、実際の発病プロセスははっきりしない。
 治療はまず、現れる症状に対応しつつ、根本的には心理療法を行う。2013年(昭和25)10月、厚生労働省は新年度から、心療内科および精神科外来、救急体制のある総合病院10か所程度を、摂食障害の治療・研究の拠点病院「治療支援センター」として指定する方針を明らかにした。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せっしょく‐しょうがい ‥シャウガイ【摂食障害】

〘名〙 やせ願望と身体イメージの誤りをもつ食行動異常。拒食と高度のやせに陥る神経性無食欲症とむちゃ食いをくりかえす神経性大食症がある。若い女性に多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

内科学 第10版の解説

摂食障害(心身症)

 摂食障害(表1-6-5)の主たる疾患として,神経性無食欲症(anorexia nervosa,表1-6-6)および神経性大食症(bulimia nervosa,表1-6-7)が存在し,診断基準として,米国精神医学会によるDSM-Ⅳ-TR(精神障害の診断と統計の手引き)が用いられることが多い.これらの疾患の病態は,「食欲」の問題ではなく,体型や体重に対する「認知の歪み」であり,通常,精神疾患に分類されるため,厳密には心身症ではない.
 しかし,特に,神経性無食欲症の場合,低体重・低栄養・脱水に伴い,さまざまな身体の異常所見・血液および尿検査の異常・生理学的検査の異常が認められ,心身症に準じて,心身両面からのアプローチが必要であり,心療内科で診療することが多い代表的な疾患である.また,低体重を伴わない神経性大食症であっても,排出行動による電解質異常などの血液検査の異常が認められ,身体面の管理も必要となる.さらに,特定不能の摂食障害に含まれる,むちゃ食い障害(binge eating disorder)では肥満症を合併することも多く,肥満症の併存疾患としても重要であるとともに,肥満症を呈した場合は心身症としての側面を兼ね備える.
 以下に,内科的治療を優先すべき場合も多い,神経性無食欲症の身体面の変化について記載する.神経性無食欲症はボディイメージの障害,強いやせ願望や肥満恐怖のため,不食や摂食制限,あるいは過食しては嘔吐するため,著しいやせとさまざまな身体症状,精神症状を生じる.神経性無食欲症のうち,不食や摂食制限のみで,むちゃ食いや排出行動を伴わないものを制限型(anorexia nervosa restricting type)という.またむちゃ食いや,嘔吐・下剤や利尿剤の乱用などの排出行動を伴うものをむちゃ食い/排出型(anorexia nervosa binge eating/purging type)とよぶ.低体重,低栄養による二次的な変化として,さまざまな身体所見,検査所見が認められ,場合によっては致死的となる(表1-6-8).
 治療に関しては,エビデンスレベルの高い治療法はいまだ存在せず,栄養を補う栄養療法と心理療法の一種である認知行動療法が用いられることが多い.
a.消化器系
 胃排出運動の遅延は神経性無食欲症患者においてよく認められる.食後の膨満感などの訴えとなり,さらに食事忌避の理由となっていることがあるため注意が必要である.過食嘔吐のある患者においては耳下腺腫脹を主とする唾液腺腫脹が認められることが多い.これは自己誘発性嘔吐による唾液腺分泌刺激が原因といわれており,唾液腺型アミラーゼの上昇を認める.
 その他,神経性無食欲症患者では,低栄養状態や高度の脱水の症例で肝酵素の上昇が認められるが,詳細な機序はいまだ不明である.多くは栄養状態や脱水の改善に伴い速やかに正常化する.また,再栄養の時期にも再栄養症候群(refeeding syndrome)として,一時的に肝酵素の上昇を認めることが多いが,経過観察のみで正常化する.
b.電解質
 低カリウム血症,低リン血症,低マグネシウム血症,低カルシウム血症などが認められることが多い.低カリウム血症は経口摂取量や体液量の減少,嘔吐,下剤,利尿剤の乱用が関係している.低リン血症は飢餓状態において,経静脈的あるいは経鼻胃管による栄養投与時に認められることが多く,やはり再栄養症候群において認められる.極度の低リン血症では,横紋筋融解症など致死的な合併症を生じる危険があり,注意深いモニタリングが必要である.
c.糖代謝
 低栄養による慢性的な低血糖は神経性無食欲症患者に多く認められる.さらに慢性低血糖であるため多くの患者では低血糖の自覚症状がない.そのため,突然意識障害(低血糖性昏睡)を生じ,死に至るケースも多いため十分な注意が必要である.
d.循環器系
 神経性無食欲症患者において,低栄養と脱水,電解質異常によりさまざまな循環器系の合併症を生じ,突然死が少なからず生じる.特に,電解質の異常を伴わない場合でもQT間隔が延長しているケースもあり,頻拍性の心室性不整脈の危険因子となる.また,神経性食欲不振症患者では心囊水貯留や極度の徐脈を認めることもある.
e.内分泌系
 神経性無食欲症患者では体脂肪減少に伴う続発性無月経などの内分泌系の異常所見が認められる.無月経と関連した所見としては性ホルモンの低下を認め,LH-RHに対するLH,FSHの反応不全も認められる.甲状腺に関しては神経性無食欲症患者においてeuthyroid sick syndromeが認められる.通常フリーT3は低下するが,甲状腺刺激ホルモンは正常であることが多く,lowT3症候群とよばれる.これは低栄養状態に反応してT4からT3への転換が減少し,代謝活性の低いリバースT3が優先的に産生されるためであり,低体重・低栄養への適応的な反応であるため,甲状腺ホルモンの投与を行ってはいけない.
f.代謝系
 神経性無食欲症においてはほかの飢餓状態とは異なり,高コレステロール血症を認める.これは胆汁酸の分泌の減少とコレステロール代謝の遅延に関連しているといわれている.
g.骨代謝系
 神経性無食欲症では,低体重,低カルシウム血症,また低エストロゲン血症など骨密度を低下させる要因が存在し,病的骨折を認めることもある.
h.血液系
 著しい飢餓状態では骨髄低形成を認めるとの報告があり,神経性無食欲症患者においては白血球の減少,正〜小球性の貧血がよく認められる.またまれではあるが血小板減少を認めることもある.
i.中枢神経系
 神経性無食欲症患者では,大脳の委縮や脳室の拡大が認められることがある.体重回復とともに改善することが多い.[吉内一浩・赤林 朗]
■文献
Engel GL: The need for a new medical model: a challenge for biomedicine. Science, 196: 129-136, 1977.
小牧 元, 久保千春,他編:心身症診断・治療ガイドライン2006, 協和企画,東京,
2006.日本心身医学会教育研修会編:心身医学の新しい指針.心身医学,31: 537-573, 1991.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

最新 心理学事典の解説

せっしょくしょうがい
摂食障害
eating disorder(英),troubles de l'alimentation(仏),Esssto¨rungen(独)

摂食障害は神経性無食欲症と神経性大食症に大別される。

【神経性無食欲症anorexia nervosa(AN)】 体重を減少させようとする意図的な行動,著しい体重減少・体重増加に対する恐怖,身体像の障害,無月経(月経が少なくとも連続して3回欠如)などによって特徴づけられる病態である。1994年の『精神障害の診断と統計の手引き』第4版(DSM-Ⅳ)では,むちゃ食い(普通より多くの食べ物を,制御不能の感覚で摂取すること)や,自己誘発性嘔吐,下剤乱用,利尿剤乱用などの排出行動が見られる「むちゃ食い/排出型」とそれらが見られない「制限型」に分けている。「制限型」の方が回復しがたいといわれている。体重増加を防ぐための不適切な代償行動として,先の排出行動以外に過剰な運動や絶食が見られる。

 圧倒的に若い女性が多く,大半は14~18歳に発症する。最近の欧米における有病率は0.12~0.37%といわれる。日本ではANの有病率は他のアジア諸国と比べて高いが,欧米と比較すると低いとされる。30歳以後の発症は遅発性といわれ,喪失体験,家庭生活の危機,身体疾患の罹患などを契機に発症することが多い。強迫的で完璧主義の性格が目立ち,性に対しては無関心ないしは拒絶的である。また窃盗を繰り返すこともある。しばしば周囲の人に大量の料理を振る舞ったり,大量の食べ物を隠していたり,食べ物を断片に切り刻んだりするなど,食に関する特異な行動が見られる。低栄養,体重減少,下剤乱用などのため身体面の診察・検査は重要である。低体温,下腿浮腫,脱毛,産毛,無月経,脱水,齲歯,徐脈,心電図変化,低血圧,低血糖,低カリウム血症,白血球減少症,肝機能障害,骨密度低下などに注意する。5年以上の経過で半数以上が回復または改善し,10~20%が慢性化するといわれている。死亡率(合併症,自殺,原因不明)は一般的に5~10%といわれており,神経性大食症より高い。標準体重の60%以下の低体重は死亡の転帰と関連していると報告されている。

【神経性大食症bulimia nervosa(BN)】 繰り返されるむちゃ食いと体重のコントロールに過度に没頭することが特徴の病態である。体重増加を防ぐための不適切な代償行動として排出行動や過剰な運動や絶食を繰り返す。DSM-Ⅳでは「排出型」と「非排出型」に分けている。体重はほとんどは標準範囲内か,やや肥満状態にある。最近の欧米における有病率は1%とされ,概してANより高い。発症は思春期後期である。ANとは異なり,性的には活発である。アルコール依存,窃盗,自己破壊的性行動,物質乱用,自傷行為などがしばしば見られ,過去に性的外傷などを経験していることもある。ANの強迫性に対して,BNは解離性の症状が見られることが多い。夜間にむちゃ食いをしてその記憶がないということもしばしば見られる。身体的には反復する嘔吐や下剤乱用のため,低カリウム血症,低マグネシウム血症,低ナトリウム血症などの電解質異常,高アミラーゼ血症,食道裂孔などに注意する。低カリウム血症は不整脈,筋力低下,麻痺性イレウスなどの原因となる。

【摂食障害の治療】 ANの患者は瘠せ願望と肥満恐怖が強いため,病気であることをなかなか認めようとしない。そのため病気の現実(認知の歪み,身体症状,異常所見,死の可能性など)について説明し,治療への動機づけをする必要がある。BNの患者は挫折し,絶望的になっていることが多いため,正しく病気について説明し,励ます必要がある。ともに認知行動療法が有効であるが,ANでは行動制限,BNでは課題を少しずつ無理のない範囲で達成することが中心となる。
〔柴山 雅俊〕

出典 最新 心理学事典最新 心理学事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

摂食障害の関連情報