心中立(読み)しんじゅうだて

精選版 日本国語大辞典「心中立」の解説

しんじゅう‐だて シンヂュウ‥【心中立】

〘名〙
① 男女が誓いを立ててそれを守りとおすこと。愛情を守りとおして、他へ心を移さないこと。また、その証拠を示すこと。
浄瑠璃出世景清(1685)二「其うへ御へんがおっとよつまよなんどとて、しん中だてはしけれ、あのかげきよはな」
② 相手への義理をあくまでつらぬくこと。相手に対して真情を尽くすこと。
かくれんぼ(1891)〈斎藤緑雨〉「儂が奢りますると銭金を帳面のほかなる隠遊び、出が道明(だうみゃう)ゆゑ厭(いや)かは知らねど類の無いのを着て下されとの心中(シンヂウダテ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android