心及ぶ(読み)ココロオヨブ

  • こころ
  • 及(およ)ぶ
  • 心(こころ)及・ぶ

デジタル大辞泉の解説

考えが行き届く。がつく。
「かの院、何事も―・び給はぬことはをさをさ無きうちにも」〈・若菜下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

想像がつく。 これこそ翁らが-・ばざるにや/大鏡 道長
気が付く。気持ちが行き届く。 心の及ばむに従ひては、何事も後見きこえむ/源氏 澪標

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

① 考えが行き届く。気がつく。
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「思ふさまにかしづき聞えて、こころをよばぬ事、はた、をさをさなき」
※宇治拾遺(1221頃)九「郡司、大に悦(よろこび)て、心のをよばんかぎりは教へむと思ひて」
② 常識によって予想、想像、期待などができる。想像がつく。下に打消を伴うことが多い。
※浜松中納言(11C中)三「かたちありさま、琴(こと)のね、心もをよばず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android