コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心筋梗塞後症候群 しんきんこうそくごしょうこうぐん postmyocardial infarction syndrome

1件 の用語解説(心筋梗塞後症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心筋梗塞後症候群
しんきんこうそくごしょうこうぐん
postmyocardial infarction syndrome

心筋梗塞の発作後2~14週に,遷延性の発熱,胸痛とともに心膜炎,胸膜炎,肺炎のすべて,またはその1つないし2つの併発をみる場合をいう。 1956年に W.ドレスラーが名づけた。本症は感染症の徴候がまったくなく,血沈の促進,白血球増加,再発を繰返すなどが特徴で,壊死した心筋組織に対する自己抗体が生じるために起るとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心筋梗塞後症候群の関連キーワード心筋梗塞遷延性脳死労作性狭心症全般発作狭心症と心筋梗塞症の症状のちがい狭心症/心筋梗塞血栓溶解療法遷延性低血糖症遷延性排尿陳旧性心筋梗塞

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone