コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心膜炎 シンマクエン

3件 の用語解説(心膜炎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんまく‐えん【心膜炎】

外側の心膜の炎症。リウマチ熱結核尿毒症などで合併症として起こることが多い。心外膜炎。心嚢炎(しんのうえん)。→心内膜炎

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんまくえん【心膜炎】

心膜の炎症。リウマチ熱・細菌感染・結核などに併発または続発することが多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心膜炎
しんまくえん

心外膜の炎症および滲出(しんしゅつ)液貯留をきたす疾患で、心嚢(しんのう)炎、心包炎ともよばれる。病因からはリウマチ性、結核性、敗血症性、尿毒症性、悪性腫瘍(しゅよう)性、外傷性、心筋梗塞(こうそく)性、特発性などに分けられ、心膜変化や滲出液の性状からは線維素性、漿液(しょうえき)性、化膿(かのう)性、出血性、収縮性などに分けられる。また経過により急性と慢性の2型に大別される。
 症状は、吸気時に増強する前胸部痛、呼吸困難、チアノーゼなどのほか、滲出液貯留による心臓圧迫症状として、ときに心音微弱、血圧下降、静脈怒張、奇脈などの心タンポナーデ症状を呈することがある。聴診によって特有の心膜摩擦音が聴取される。胸部X線撮影では、滲出性心膜炎の場合は氷嚢状の心拡大、収縮性心膜炎の場合は心膜の石灰化陰影がみられる。心電図では鏡像を伴わないST上昇が特徴である。また心超音波エコー法は、少量の滲出液でも検出できるため、滲出性心膜炎ではもっとも有効な診断法である。治療としては基礎疾患の治療が第一で、リウマチ性にはサリチル酸や副腎(ふくじん)皮質ホルモン剤、結核性には抗結核剤が用いられる。心タンポナーデ症状を呈する場合には、放置するとショック状態に陥るため、診断を兼ねて心膜腔(くう)穿刺(せんし)による貯留液の除去が行われる。収縮性に対しては心膜切除術が行われる。
 予後は特発性やウイルス性などの場合は良好であるが、そのほかの場合は適切な治療が行われなければ不良である。[井上通敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の心膜炎の言及

【心囊炎】より

…心囊炎とは,心臓を包む心膜pericardium(心臓の表面を包む心外膜epicardiumと狭い心膜腔を隔てて心臓を包む狭義の心膜から成る)の種々の原因によって起こる炎症病変の総称であり,心膜炎あるいは心包炎ともいわれる。心囊炎は通常,急性心囊炎,慢性心囊炎,先天性心囊炎の三つに大別される。…

※「心膜炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

心膜炎の関連キーワード強膜炎筋肉リウマチ網膜炎リウマチ様関節炎心嚢炎リウマトイド因子リウマチ月間結核性胃腸炎結核性腸炎リウマチ性心炎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心膜炎の関連情報