コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心臓移植の基準 しんぞういしょくのきじゅん

1件 の用語解説(心臓移植の基準の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心臓移植の基準
しんぞういしょくのきじゅん

スタンフォード大学心臓移植の実施に当たって次のような基準を設けている。まず患者 (レシピアント) の条件は,(1) 心臓移植によらなければ1年以内に死亡する確率が高い,(2) 60歳以下,(3) 精神的に安定している,(4) 移植後に社会生活ができる可能性がある,の4点。現在では1年生存率が 80%,5年生存率が 75%,10年生存率が 70%に達する。次に心臓提供者 (ドナー) 側は,(1) 男性は 35歳まで,女性は 40歳までの脳死患者,(2) 心臓機能が正常で血行動態が安定していること,(3) 感染および脳部に大きな外傷がないこと,(4) 脳腫瘍 (しゅよう) を除く悪性腫瘍がないことが条件である。また適合条件としては,ABO式血液が一致し,特異的な抗リンパ球抗体がなく,ほぼ体格の合った症例が選択される。アメリカにおける心臓移植の臨床例は,おおむねこの原則に従って行なわれている。日本では脳死の倫理問題に総意が得られておらず,移植は1例にとどまっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone