コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心霊研究協会(読み)しんれいけんきゅうきょうかい

百科事典マイペディアの解説

心霊研究協会【しんれいけんきゅうきょうかい】

The Society for Psychical Research(略称SPR)の訳。心霊現象スピリチュアリズム参照)の実証的研究を目的として,1882年英国に設立され,現在も続く団体。ケンブリッジ大学哲学教授シジウィックHenry Sidgwick〔1838-1900〕らが推進し,歴代会長にはW.ジェームズベルグソンクルックスほか著名人が少なくない。作家コナン・ドイルも有力な支持者。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんれいけんきゅうきょうかい【心霊研究協会 The Society for Psychical Research】

シジウィックHenrySidgwickなどケンブリッジの研究者と指導的な心霊主義者が主体となって,心霊現象の客観的研究を目的に,1882年イギリスで組織され,現在も続く研究団体。略称SPR。当初の目的は,死後生存にまつわる諸現象およびメスメリズムmesmerism(催眠)の厳密な調査,研究であった。歴代会長には,W.ジェームズ,ベルグソン,クルックス,ドリーシュら一流の学者が名を連ねる。3年後にはジェームズらの努力で,アメリカにも同様の団体が組織されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の心霊研究協会の言及

【心霊学】より

…交霊会で観察報告される現象としては,物体浮揚,エクトプラズムによる物質化現象,その場になかったものが突然出現する〈物品引寄せ〉等の物理的現象と,霊媒がトランス状態で,知らないはずの言葉を話す〈異言xenoglossis〉や,透視,自動筆記・描画等の心理的現象とがある。こうした現象はやがて,当時の一部の指導的科学者の関心をかきたて,1882年にはその科学的研究を目的とした心霊研究協会がイギリスに設立され,本格的な研究が開始されるに至った。その後まもなく心霊主義と袂を分かった心霊研究psychical researchは,やはり霊媒を対象に研究を続けたが,死後生存の証明は結局できないまま,その後確立された超心理学的方法にしだいに道を譲り,現在に至っている。…

※「心霊研究協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android