コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠原 かさはら

3件 の用語解説(笠原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠原
かさはら

岐阜県南部,多治見市南部の旧町域。美濃三河高原にある。 1952年多治見市から分離して町制。 2006年多治見市に編入。良質の陶土を産出し,伝統の陶磁器笠原焼 (和食器類) のほかに,第2次世界大戦後はモザイクタイルが生産され,海外への輸出も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠原
かさはら

岐阜県南東部、土岐(とき)郡にあった旧町名(笠原町(ちょう))。現在は多治見(たじみ)市の南東部を占める一地区。旧笠原町は笠原川に沿う小盆地にある陶磁器工業の町。1951年(昭和26)多治見(たじみ)市に編入されたが、1952年4月滝呂(たきろ)地区を残して分村(笠原村)、同年町制施行。2006年(平成18)多治見市に編入、土岐郡は消滅。古くから茶碗(ちゃわん)などの和飲食器を生産しているが、1950年代になってモザイクタイルの生産が、順調な輸出の波にのって伸びた結果、県下の主産地となり、トンネル窯が多い。多治見と土岐(とき)市柿野(かきの)温泉を結ぶ交通路にあたる。[上島正徳]
『『かさはら』(1976・笠原町) ▽『笠原町史』全5巻(1984~1995・笠原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠原の関連キーワード多治見岐阜県多治見市旭ケ丘岐阜県多治見市京町岐阜県多治見市栄町岐阜県多治見市中町岐阜県多治見市東町岐阜県多治見市東山岐阜県多治見市本町岐阜県多治見市緑ケ丘岐阜県多治見市元町

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠原の関連情報