コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌数 いみかず

3件 の用語解説(忌数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忌数
いみかず

神聖視したり,忌み嫌ったりする数をいう。日本では,その原理には奇数を陽,偶数を陰とする中国思想の影響もあるが,習俗のなかでは必ずしも一致していない。奇数は割切れない数として無限に継続することを意味し,偶数は割切れるものとして無を意味するものと解釈され,忌数とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いみ‐かず【忌(み)数】

忌み嫌われる数。四(死)や九(苦)など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

忌数【いみかず】

数に神秘性を認め,忌みきらったり神聖視する観念は各国にみられる。イスラエルでは7や12を吉数,6を忌数,中国では奇数が陽数で聖,偶数が陰数で忌数とし,特に7を吉とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の忌数の言及

【数】より

…【秋山 さと子】【荒俣 宏】
【聖数】

[聖数の由来と諸例]
 先に述べられた数の象徴的意味に基づいて吉凶を占う習慣は全世界の民族にみられる。このうち縁起のよい数を聖数,悪い数を忌数(いみかず)と呼び,たいていの場合偶数か奇数かが区別の重要な基準となる。奇数を尊んだピタゴラス学派は,二分割して神(1)の残らぬ偶数を空虚な数とみなした。…

※「忌数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

忌数の関連キーワード禁忌忌み嫌う・忌嫌う当り木当り箱当り鉢当り棒当り身当りめ当り屋当たり鉢

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone