忍の惣太(読み)しのぶの そうだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍の惣太 しのぶの-そうだ

河竹黙阿弥(もくあみ)作の歌舞伎「都鳥廓白浪(みやこどりながれのしらなみ)」の登場人物。
京都吉田家の家臣で,不義のため江戸にのがれ,隅田堤で桜餅屋をいとなむ。あやまって旧主の幼君梅若を殺し,自責の念から故意に当主の松若に討たれる。作品は嘉永7年初演。「梅若伝説」を草子や演劇にとりいれ,江戸時代に流行した「隅田川物」とよばれる作品群のひとつ。信夫(しのぶ)の藤太,猿島の惣太も,その先行人物とされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android