コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍の惣太 しのぶの そうだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍の惣太 しのぶの-そうだ

河竹黙阿弥(もくあみ)作の歌舞伎「都鳥廓白浪(みやこどりながれのしらなみ)」の登場人物。
京都吉田家の家臣で,不義のため江戸にのがれ,隅田堤で桜餅屋をいとなむ。あやまって旧主の幼君梅若を殺し,自責の念から故意に当主の松若に討たれる。作品は嘉永7年初演。「梅若伝説」を草子や演劇にとりいれ,江戸時代に流行した「隅田川物」とよばれる作品群のひとつ。信夫(しのぶ)の藤太,猿島の惣太も,その先行人物とされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忍の惣太
しのぶのそうた

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

忍の惣太の関連キーワード河竹黙阿弥

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android