コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍足佐内 おしたり さない

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍足佐内 おしたり-さない

1730-1771 江戸時代中期の名主。
享保(きょうほう)15年生まれ。明和7年安房(あわ)(千葉県)勝山藩領内4ヵ村の代表が,大旱魃(かんばつ)による年貢減免をねがいでた。陣屋奉行稲葉重左衛門は1村だけに減免をみとめたため,佐内ら3ヵ村代表は江戸藩邸門訴。処分保留のまま帰村したが明和8年稲葉の独断で処刑された。42歳。通称は善兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

忍足佐内の関連キーワード享保名主

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android