忍足佐内(読み)おしたり さない

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍足佐内 おしたり-さない

1730-1771 江戸時代中期の名主。
享保(きょうほう)15年生まれ。明和7年安房(あわ)(千葉県)勝山藩領内4ヵ村の代表が,大旱魃(かんばつ)による年貢減免をねがいでた。陣屋奉行稲葉重左衛門は1村だけに減免をみとめたため,佐内ら3ヵ村代表は江戸藩邸門訴。処分保留のまま帰村したが明和8年稲葉の独断で処刑された。42歳。通称は善兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android