コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍頂寺梅谷 にんちょうじ

美術人名辞典の解説

忍頂寺梅谷

江戸後期の画家淡路生。名は温、字は知新・寿甫、通称は寿一、別号は静村。幼少より画を好み、上田公長より写生を学ぶ。のち田能村竹田・貫名菘翁に師事、南画を修める。山水・人物・花水画を能くする。明治10年(1877)歿、74才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍頂寺梅谷 にんちょうじ-ばいこく

?-? 幕末の画家。
安政(1854-60)のころの人。大坂堂島にすみ,山水・花鳥の画にたくみだった。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。名は温。字(あざな)は知新。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

忍頂寺梅谷の関連キーワード森琴石幕末安政

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android