コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志度焼 シドヤキ

2件 の用語解説(志度焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しど‐やき【志度焼】

江戸時代、宝暦年間(1751~1764)に平賀源内讚岐(さぬき)国志度(香川県さぬき市)で始めた交趾(コーチ)焼ふうの陶器。源内焼。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しどやき【志度焼】

讃岐さぬき国志度浦で焼かれた陶器。のち富田金山山麓に移る。宝暦(1751~1764)頃、平賀源内が交趾コーチ焼の製法を伝えて創業。閉窯期は未詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

志度焼の関連キーワード宝暦強制わいせつ罪一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲瀬川菊之丞天降言児童雑誌田沼時代

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone