志度(読み)しど

日本大百科全書(ニッポニカ)「志度」の解説

志度
しど

香川県東部、大川郡にあった旧町名(度町(ちょう))。現在はさぬき市の北部を占める一地区。1898年(明治31)町制施行。1955年(昭和30)鴨庄(かもしょう)、小田の2村と合併、56年鴨部(かべ)村を編入。2002年(平成14)、津田、大川、寒川(さんがわ)、長尾の4町と合併、市制施行してさぬき市となる。旧志度町地区は鴨部川の下流部を占め、北部は瀬戸内海の志度湾、小田湾などに面する。四国八十八か所第86番札所志度寺(本堂、仁王門などが国指定重要文化財)の門前町、また港町として発展してきた。JR高徳線、高松琴平(ことひら)電気鉄道志度線、国道11号で高松市と結ばれている。また、高松自動車道の志度インターチェンジがある。水稲、ブドウ、トマト、イチゴなどの栽培のほか、明治後期に始まる桐下駄(きりげた)の特産がある。漁業ではノリ、カキ、ハマチの海面養殖や、底引網、刺網などが盛ん。臨海造成地には船舶、産業用機械、建材などの企業を誘致し工業の育成を図った。江戸時代の科学者平賀源内旧邸や記念館、東大寺写経文書(国指定重要文化財)などを蔵する多和文庫のある多和神社、讃岐(さぬき)の良寛といわれた竹林上人(ちくりんしょうにん)の廟(びょう)などがある。

[新見 治]

『『志度町史』(1970・志度町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「志度」の解説

志度
しど

香川県北東部,大川平野の北部を占め,瀬戸内海の志度湾,鴨庄湾,小田湾に臨む地域。旧町名。 1898年町制。 1955年鴨庄,小田の2村と合体。 1956年鴨部 (かべ) 村を編入。 2002年に津田町,大川町,寒川町,長尾町と合併し,さぬき市となる。北流する鴨部川下流域を占め,山地が多い。志度湾岸埋立地には造船,手袋製造などの工場があり,特産の桐下駄の生産量は全国有数。果樹栽培,ノリ,カキの養殖が行なわれる。宅地化が進み,高松市への通勤者が多い。平賀源内の出生地として知られ,旧宅が残る。また四国八十八ヵ所第 86番札所の志度寺があり,十一面観音像,脇士立像など国の重要文化財を所蔵する。大串岬付近は瀬戸内海国立公園に属する。中央を東西に国道 11号線が,南西部を JR高徳線が通る。高松琴平電鉄志度線の終着駅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「志度」の解説

しど【志度】

香川県さぬき市の地名。瀬戸内海の志度湾と小田湾に面する。四国八十八か所の第八六番札所志度寺の門前町。平賀源内の旧邸がある。桐下駄を特産。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android