コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松光信 あかまつ みつのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松光信 あかまつ-みつのぶ

1738-1821 江戸時代中期-後期の陶工。
元文3年生まれ。宝暦5年讃岐(さぬき)(香川県)志度平賀源内交趾(コーチ)焼をまなび,大坂,長崎などで製品を販売して好評をえる。のち讃岐富田で南京染付をつくるが,志度にもどり,志度焼(松山(しょうざん)焼)をおこした。文政4年7月10日死去。84歳。讃岐出身。字(あざな)は田夫。通称は五番屋伊助。号は松山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松光信の関連キーワード堺屋源吾赤松松山赤松真珉山陶工

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android