コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志村五城 しむら ごじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志村五城 しむら-ごじょう

1746-1832 江戸時代中期-後期の儒者。
延享3年生まれ。江戸の昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。仙台藩の大番士となり,藩校養賢堂で教育につくした。弟の東嶼(とうしょ),蒙庵(もうあん)も儒者になり,志村の三珠樹(さんしゅじゅ)とよばれた。天保(てんぽう)3年5月18日死去。87歳。陸奥(むつ)江刺郡(岩手県)出身。名は実因,士轍。字(あざな)は子環。通称は勘右衛門。別号に東華。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

志村五城の関連キーワード志村東華遠藤曰人鈴木松嵐志村蒙庵影田蘭山

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android