コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志津野拙三 しづの せつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志津野拙三 しづの-せつぞう

1822-1886 幕末-明治時代の武士。
文政5年生まれ。豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩士。第2次幕長戦争で赤心隊を組織し,長門(ながと)萩(はぎ)藩への徹底抗戦を主張。のち京都留守居役。征韓論がおこると,韓国にわたり事をあげようとしたが,発覚して投獄。赦免後,西南戦争に呼応しようとしたが,はたさなかった。晩年,大阪住吉神社の神職。明治19年9月24日死去。65歳。名は範興。号は錦陵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

志津野拙三の関連キーワード明治時代幕末

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android