コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志津野拙三 しづの せつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志津野拙三 しづの-せつぞう

1822-1886 幕末-明治時代の武士。
文政5年生まれ。豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩士。第2次幕長戦争で赤心隊を組織し,長門(ながと)萩(はぎ)藩への徹底抗戦を主張。のち京都留守居役。征韓論がおこると,韓国にわたり事をあげようとしたが,発覚して投獄。赦免後,西南戦争に呼応しようとしたが,はたさなかった。晩年,大阪住吉神社の神職。明治19年9月24日死去。65歳。名は範興。号は錦陵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

志津野拙三の関連キーワード明治時代幕末

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android